回復期の医師求人

現在、医療保険制度の指針は在宅復帰や社会復帰を目指す方向に向かっております。
医療情勢としても、回復期リハビリテーション領域は年々拡大しています。
その流れの一環で、平成26年に「回復期リハビリテーション病棟 体制強化加算」が認められ、専従医師要件の中で【リハビリテーション医療に関する3年以上の経験を有していること、ならびに適切なリハビリテーションに係る研修を修了していること】との条件が加えられ、専従医師に研修が課せられました。(医療機関によっては、研修や資格取得をサポートする体制も整っているところも増えています。)

そのため回復期リハビリテーションの領域は、社会的な需要が高いだけでなく、加算などが取れることにより、医療機関側としてもより取り組みやすい環境になっていると思われます。
ただし、医療機関側も回復期リハビリテーションは今後維持・増加させていきたい分野でありながら、比較的新しい領域ということもあって専門家が少ないのが現状です。
現場の需要と供給のバランスとしては、まだアンバランスな状態であると言っても過言ではありません。

転職市場において回復期リハビリテーション病棟の管理業務はニーズが高い状態、言い換えれば多くの医療機関が求人を出していると言えます。
診療科目としては整形外科や脳神経外科、神経内科等が深い関わりがありますが、回復期リハビリテーション求人において一番大切なのはご専門ではありません。
医師・看護師・介護士・理学療法士(PT)・作業療法士(OT)・言語聴覚士(ST)・栄養士・薬剤師・ソーシャルワーカー等を含め、「多種職との連携を円滑に取ること」です。
回復期リハビリテーションの医師求人において、今までの専門科目はもちろんのこと、今後のリハビリテーション医学へのモチベーション、お人柄や対応の柔軟性が重視される傾向があります。

平均余命が延び、労働に従事する平均年齢も高齢化が進む中、疾患からの復帰や高齢者の在宅復帰に対し積極的なアプローチを行う、「回復期リハビリテーション」。
今日まで医道を突き詰めてこられた先生方にとって、数多くのやりがいが見つかるのではないでしょうか。
回復期リハビリテーションの業務に興味を持っていただいた方は、個別のご要望にもお応え致します。
求人への応募に迷っている方や転職をご希望の方も、是非、弊社エージェントまでお申し付けください。

医師ジョブでは一都三県に特化したサービスを提供する一方で、全国47都道府県への転職サポートも行っています。
一都三県だけでなく幅広いエリアで求人をお探ししている先生方のご要望にもお応えできますので、是非ご相談ください。

検索結果一覧

表示件数:[ 5 | 10 | 20 ]

  • 1〜10 / 88件

88件の常勤の医師求人情報が見つかりました。

専門科目で絞り込む
  • 1〜10 / 88件