精神保健指定医の求人

精神科医師はおよそ1万6千人になっており、直近10数年で医師の全体数の増加率に比べても高い増加率を推移しております。
それだけ精神科医を志す先生方が多くなっているという事になっております。
現代社会においては「ストレス社会」とも言われ、心の病を抱える人たちも多く、増加傾向にあります。また高齢化社会も同様に進んでおり、高齢者の精神科への受診も増加の一途をたどっています。

うつ病、統合失調症をはじめ、不眠症、自律神経失調症など通常の生活を送るために精神科の需要も高く、多くの患者が精神科医師を必要としています。
病院では急性期病院での入院の対応などももちろんですが、認知症センターの需要も非常に高くなっている状況です。

精神科急性期病院、精神科慢性期病院、精神科クリニックでも、当然のことながら多くの求人を出しており、募集に積極的です。
精神科は産業医としての需要も高まり、最近では訪問診療の中でもご活躍頂いております。
そういった意味でも精神科の先生の活躍の場は多岐にわたります。
統合失調症、躁うつ病、うつ病、パニック障害・不安障害、強迫性障害、解離性障害、摂食障害、児童思春期、てんかん、アルコール・薬物依存症、認知症、老年期精神病など、特定の専門分野でのスキルを発揮したい!または研鑽を積みたい!などの様々な転職のご要望にお応えすることができる求人もございます。

また、精神科医の転職においては「精神保健指定医」「日本精神神経学会専門医」が求人の応募資格や給与の交渉においてポイントになってまいります。
各医療機関の求人においても精神保健指定医の有無が応募資格のマスト条件になっていることも多いですし、また、精神保健指定医と非精神保健指定医では年収面でも大きな差が出てきます。
おそらく、精神保健指定医取得からある程度指定医としてのお仕事に慣れるまでは、急性期病院でご勤務されるケースが多いのではないでしょうか。
その後、家庭環境の変化やワークライフバランスの検討、自分の専門分野での研鑽、精神保健指定医としてのスキルアップなど、様々なご事情で転職を検討される流れになるかと思います。

精神科クリニックへの転職や将来開業を求めての転職、ゆったりとした中でのワークライフバランスを重視するための慢性期病院への転職、勤務条件に合わせた求人のカスタマイズなど、先生方一人一人においてのベストな選択をご提案できるよう様々なバリエーションの求人を準備しておりますので、ライフステージに合わせたご相談もお待ちしております。

医師ジョブでは一都三県に特化したサービスを提供する一方で、全国47都道府県への転職サポートも行っています。
一都三県だけでなく幅広いエリアで求人をお探ししている先生方のご要望にもお応えできますので、是非ご相談ください。

検索結果一覧

表示件数:[ 5 | 10 | 20 ]

  • 1〜10 / 128件

128件の常勤の医師求人情報が見つかりました。

専門科目で絞り込む
  • 1〜10 / 128件