問診・読影のバイト・非常勤の求人

数年前から2025年問題というキーワードも騒がれ、医療政策も様々な対応を余儀なくされているのもご存知のことと思います。
今回は、その一翼を担うであろう予防医学分野「健診・人間ドック」の「問診・読影のバイト・非常勤求人特集」についてご案内いたします。

2025年には、後期高齢者が国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という状況に置かれると見込まれております。
社会保障費も膨大化していく中で、健診・人間ドックによる予防医学は重要なカテゴリと考えられております。
一方で、社会通念においても「健康志向」「健康寿命の伸長」に興味を持たれる方々も多くなっており、各医療機関様におかれましても、多種多様なサービスを打ち出し差別化を図っているのが今の市場となっております。

先生方におかれましては、健診と一言で言ってもどんなコンセプトの施設があるかなどをお考えになられたことはありますでしょうか?

病院やクリニックの健診では、血液検査・レントゲン撮影・脳ドック(MRI)・内視鏡検査(上部・下部)はもちろんですが、遺伝子検査やカプセル内視鏡などあらゆるオプションを用意してお客様のニーズに応えようと必死です。
クリニックに勤務しているのは女性スタッフのみで女性専門を謳っているクリニック、苦しくない(無痛)内視鏡ができるクリニック、人間ドックを泊まりで行いながらリラクゼーションを一緒に受けらせるリゾートのようなクリニックなど様々です。

企業健診などでは1日に80人~100人の問診・聴打診を必要とされますし、巡回健診などでは朝早くからの勤務が求められます。
逆に、1日の対応人数を絞って時間をかけて丁寧に検査の結果説明を行い、リピーターを増やしていく方針のクリニックもございます。

先生方のご要望によっては、クリニックのコンセプトにおいてもご提案をしながら、お仕事探し・ご転職のお手伝いをさせていただければ幸いです。

一般的に健診・人間ドックのバイト・非常勤求人では、問診・聴打診・胸部読影・胃部読影・心電図読破・直腸診・乳房視触診・結果説明・判定などが主たる業務内容になります。
ただし、当然のことながらご転職に際して「胃部読影は不安…」「読影や判定には2次チェックしてほしい」「直腸診や乳房視触診はちょっと…」「問診主体でやりたい…」という先生方もいらっしゃることと思います。

問診・読影・検査などの可能な手技もヒアリングさせて頂きながら、先生方にマッチしたバイト・非常勤求人をご提案してまいりますし、医療機関様と条件等のご転職に際した交渉もさせていただいております。
ご転職・お仕事探しに対するご不安な点も含め、エージェントにご相談いただけますと幸いでございます。

医師ジョブでは一都三県に特化したサービスを提供する一方で、全国47都道府県への求人探しサービスも行っています。
一都三県だけでなく幅広いエリアで求人をお探ししている先生方のご要望にもお応えできますので、是非ご相談ください。

検索結果一覧

表示件数:[ 5 | 10 | 20 ]

  • 1〜10 / 42件

42件のバイト・非常勤の医師求人情報が見つかりました。

専門科目で絞り込む
  • 1〜10 / 42件